企業情報

さまざまな取り組み

  • スラムダンク奨学金

    スラムダンク奨学金は、バスケットボール選手として、将来アメリカの大学・プロでの活躍を目指すプレーヤーを支援するものです。高校2年生を対象に募集され、アメリカの大学進学準備校での約1年間の学費・生活費を返済不要で支給します。『スラムダンク』の作者・井上雄彦氏の呼びかけにより設立され、印税の一部と集英社の拠出金で運営されています。

    スラムダンク奨学金のイメージ

    協力:公益財団法人 日本バスケットボール協会 ©Inoue Takehiko, I.T.Planning Inc./Shueisha Inc.

  • 読書推進活動(一ツ橋文芸教育振興会)

    集英社では「本は文化を支える源である」との観点から、企業メセナとして一ツ橋文芸教育振興会を設立し、1966年より様々なジャンルの方々を講師に「高校生のための文化講演会」を全国の高校で開催、また、1981年より「全国高校生 読書体験記コンクール」を実施しています。

    読書推進活動(一ツ橋文芸教育振興会)のイメージ
  • パラスポ+

    パラスポ+!は、集英社各誌のパラスポーツを応援するコンテンツを集積したポータルサイトです。パラスポーツとアスリートたちの魅力をもっと知り、楽しみ、応援するために情報発信し、パラスポ―ツ支援に貢献することを目指します。

    パラスポ+のイメージ
  • 中学生向け会社見学プログラム

    修学旅行・グループ学習などで訪問を希望される中学生向けに会社見学を実施しています。

    中学生向け会社見学プログラムのイメージ

社内での取り組み

集英社では社員が年代、性別問わず、それぞれの個性や能力を発揮して活躍するために出産・育児・介護に関する様々な制度を定め、両立支援を推進しています。

  • 集英社こどもみらい会議

    「こどもたちが、雑誌・書籍・コミックスを通して想像力を育み、豊かな体験を得て、未来に羽ばたいて欲しい」そんな願いから、2016年にスタート。”こども”に関するあらゆることの社内シンクタンクを目指し、こどもの実態調査、読者研究、社内セミナーなどの活動をしています。

    集英社こどもみらい会議のイメージ
  • 次世代育成支援について

    集英社は少子化問題に取り組む「子育てサポート企業」として、2009年に厚生労働省から認定を受けて「くるみん」マークを取得し、2015年にも認定を更新しています。次世代を担う子どもたちのすこやかな成長を願うとともに、育児中の社員が十分に能力を発揮しながら、仕事と育児を両立できる職場環境の整備に取り組んでいます。

    次世代育成支援についてのイメージ
  • 女性の活躍に向けての行動計画

    2016年1月の「女性活躍推進法」の施行以降、さらに女性の活躍を後押しするための「行動計画」を策定しています。女性が活躍しやすい会社は、男性にとっても働きやすい会社であるはず、ということで行動計画には、男性の両立支援制度の利用推進も盛り込んでいます。詳しい内容は「女性の活躍状況データ」とともに、下記に公表しています。

    女性の活躍に向けての行動計画のイメージ