『蒲公英草紙』を刊行される際「青春と読書」連載時のものに加筆されたそうですが
理由は何でしょうか? また、どういったことを加筆したのですか?

先生にとっても思い入れの深い「常野」シリーズ。この物語を執筆したきっかけなどはありますか?

この作品を執筆されていた頃の思い出などはありますか?

明治時代を舞台にした『蒲公英草紙』を21世紀の今、世に送り出すというタイミングには、理由があるのでしょうか?

先生の作品からは「懐かしさ」「切なさ」を感じるという読者が多いのですが
そういった感情を持たせようと執筆の際に意識されているのでしょうか?

「常野物語」はこれからも書き続けるというお話ですが、今後の展開についてお聞かせ下さい

「常野物語」を楽しみにしている読者の方々へのメッセージをお願いします。