「マチルダ」行成 薫

【梗概】

 ビビリ症の「俺」と、〈ドッキリ〉に命をかけるマコト、そして気が強くて天邪鬼な女・ヨッチは、小学校時代からの唯一無二の仲間だ。「俺」とマコトはある日、自動車整備工として働くカーショップで、社長令嬢・リサと出会う。金の力で無茶な要求を突きつけるリサ。金があれば世界が変わると確信したマコトは、大金を掴みリサに近づくべく、「俺」の前から忽然と姿を消した。
 その行方を追う「俺」は〈交渉屋〉という裏家業に手を染め、マコトと再会。マコトの考えた『プロポーズ大作戦』を手伝うことに。
 「俺」の手を借りたマコトは、身分を偽りリサと交際を始め、クリスマスイブの夜、プロポーズ大作戦の最終章を決行する。高級ホテルのスイートで、マコトは自分があの時の整備工であることを明かし、驚くリサに指輪を差し出すが、そこには想像を絶する秘密が隠されていた──。
 壮大な仕掛けに息をのみ、衝撃のラストに涙する。究極のノンストップ・エンターテインメント!

BOOKNAVI
 

【著者プロフィール】

一九七九年宮城県生まれ。
東北学院大学教養学部卒業。