『鬼滅の刃』
大ブームを支えた社員たち

日本中に届けます!

コミック販売部
コミック販売第1課

松村 康紀

Q1

『鬼滅の刃』に関わる仕事を教えてください。

連載されていた「週刊少年ジャンプ」本誌の発行部数の決定から書店・コンビニエンスストア・駅売店などの小売り業態への配本、その後の売上調査などをしています。また押し出したい作品がある際には店頭施策を考え実施しています。

Q2

大変だったこと、楽しかったこと、苦労した点や印象に残るエピソードを教えてください。

出版不況と言われている中で、売上No.1雑誌の週刊少年ジャンプでも苦しい時はあります。そのような中で編集部と相談して、人気タイトルやメディア化が決まった作品で購入特典施策などを実施したりします。写真の特典を付けた週刊少年ジャンプは大きく増売することができました。目に見える結果が出た時は、「やって良かった、次はもっと売るぞ」という気持ちになります。
また、週刊少年ジャンプは発行部数が大きく、雑誌を売っている所なら基本的にどこでも購入できます。売り損じを無くして、より多くの読者の皆さんに週刊少年ジャンプを届けるにはどんな配本バランスが適切なのか、ここには日々頭を悩ませています。

週刊誌では異例のノベルティ挟み込みを実現し、大きな話題になりました。

Q3

『鬼滅の刃』のキャラで自分に近いと思うキャラを理由もあわせて教えてください。

鉄穴森鋼蔵。鬼殺隊(編集部)をサポートする立場が近いと思います。