エントリーマイページ
先輩紹介
BACK

Jブックス編集部

六郷 祐介

2008年入社

PROFILE

秋田県で生まれました。東京の大学を卒業して新卒で入社。以来Jブックス編集部に所属しています。Jブックスはジャンプグループの書籍部門という位置づけの編集部です。オリジナルの小説、「週刊少年ジャンプ」や「週刊ヤングジャンプ」の小説化(ノベライズ)作品の編集をおもな業務としています。僕自身の仕事としては、オリジナルの小説では『怪談彼女』シリーズ、『舌の上の君』など。ノベライズでは『NARUTO-ナルト-』『東京喰種 トーキョーグール』『血界戦線』の各シリーズや、『ジョジョ』シリーズからのスピンオフ『恥知らずのパープルヘイズ』などを担当しています。

『BLEACH』のノベライズを担当しています。中学生の頃から愛読していた作品です。『BLEACH』は昨年、「週刊少年ジャンプ」誌上での15年間にわたる連載が完結しました。「見えざる帝国」との決着後から10年後が最終回で描かれました。主人公・黒崎一護の物語は終止符を打ったわけですが……。しかし、『BLEACH』にはたくさんの魅力的なキャラクターが登場します。10年の間に彼らに何があったのか、考え出すと気になって仕方がなくなりました。5年前の『BLEACH』連載10周年の時にも小説を執筆して頂いた松原真琴先生、成田良悟先生にご相談をし、空白期間を埋める小説シリーズの企画を進めることにしました。松原先生には人気キャラクター・ルキアが主役の物語を。成田先生には、先生が得意とする、人気キャラ総登場の群像劇を描いていただくことになりました。成田先生の小説は、現在も「少年ジャンプ+」で連載し複数冊刊行を予定しています。子どものときに読んでいた作品は、いまの自分を形づくるものだと思います。仕事を通して何かお返しできればと思い、編集作業を頑張っていきたいです。

書店特典で宣伝部スタッフとつくったルキアと恋次の結婚式招待状を模したペーパー。紙にもこだわって本物っぽくしてみました。大変好評でした。

ある1日のスケジュール

11:00 書店で資料探し
12:00 出社。チェック物を整理
12:30 メールチェック
15:00 作家に確認事項を電話
18:00 原稿チェック
22:00 明日の打合せの資料チェック後、帰宅

私の学生時代

大学時代は映画を撮影するサークルに所属していて、大体一日一本は映画を観ているくらい映像に浸かっていました。映画の撮影資金を稼ぐためのバイトと、撮影に使えそうな場所を探すため、関東近郊を電車でうろうろしていました。どちらかというと、映像系の会社に就職しようとしていて、出版社に就職しようという意識はあまりなかったのですが……。ほかに受けたどの会社よりも面接で会った社員が面白いキャラクターばかりで、入社を決めました。

私のオフショット

登山が趣味のひとつです。会社の仲間内でも登りにいってます。

SENIOR STAFF