新入社員紹介

永野 圭土

マーガレット編集部

PROFILE
文学部倫理学専攻卒。学生時代はバンドサークルなのに、たいして楽器もやらず遊び惚けてばかりでした……。一方、塾講バイトでは30人のナマイキ小学生相手にてんやわんやで授業する日々も送っていました。現在は少女マンガ部門のマーガレット編集部に配属され、マンガのつくり方を勉強中です。

いまから出版社……!? 人生大方向転換

元々広告系や教育系を目指し就活していた自分ですが、ある日たまたま手に取った『アルケミスト』という本を読んで、心のなかの何かが変わってしまい、「私はやっぱり子どもに喜んでもらえる物語を世に出したい」と大きく方向転換をしました。それがなんと集英社の入社志望書締切2週間前。「いまから!?」と周りはびっくりしていましたが、何とか書き上げ、筆記試験対策をし、面接に食い込めました……。写真は学生時代、張り切って行ったバンジージャンプで、「やっぱり怖くて飛べない」と大騒ぎしてしまった自分です(笑)。この後ちゃんと飛べました。

私の就職活動

ここは苦労した

面接で話すことがなーい!!!

難関のイメージがあった出版社の面接。「さすがに素で行くのはマズい!」と思い、質問されそうなことを事前に考えました。結果、何もちゃんと答えられないことに気づき、妄想質問に上手く面白く答えられるよう準備することにしました。地味に思われるかもしれませんが、この準備に一番苦労しました。

ここには自信があった

失敗への準備

いくら準備しても面接では思いもよらない質問が飛んでくるし、自分でもびっくりするような失敗はあります。脳内準備をしまくっていた私は、念のため謝る準備もしました。結果、大失敗はあったものの、何とか通過しています。目いっぱい準備をしておくと、自然と自信や覚悟みたいなものが出てきて、どんと構えられると思います。

スタート地点に立った私

記事づくり&打合せ

「マーガレット」は中学生から高校生の女の子を対象とする少女マンガ雑誌です。担当しているプレゼントページや次号予告では、若い女の子がワクワクするような言葉遣いやイラストの見せ方について、日々考えています。作家さんとの打合せではプロットやネームを読んで、一番最初の読者として感想をお伝えします。すべてまだまだ奮闘中です。

ある日のスケジュール

11:00

新人作家さんと打合せ。デビューや読み切り作品の掲載に向けてプロットやネームを見ます!

13:30

同期と神保町でランチ後、「マーガレット」のインスタグラムに投稿する写真を撮ります。……こんな感じでいかがでしょう?

15:00

実写映画『思い、思われ、ふり、ふられ』に出演する俳優さん&女優さんにインタビュー! 夢のようです…。

19:00

記事作成にあたって「Seventeen」を読み込み、ティーンの流行をチェック! 企画をまとめたら、この日は終了!

いつかなりたい自分

読者を熱狂させたい

自分はまだまだ新人で先輩はもちろん、作家さんや読者のみなさんから学ぶことの方が多いですが、いつか作家さんと読者との懸け橋となる敏腕フィクサーになれたら……。読者の方々に喜んでもらえたら本当にうれしいし、そこに向けて頑張りたいです。

OTHER INTERVIEW

他の新入社員の紹介