「女性活躍推進」への取り組み
掲載日:2018年3月22日

集英社は「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(女性活躍推進法)」にもとづき、「一般事業主行動計画」を策定・公表しています。

第一期行動計画(2016年4月1日~2018年3月31日)では「男性社員の看護休暇取得者割合を20%以上とする」等の目標を達成し、期間を満了しました。

引き続き、第二期行動計画(2018年4月1日~2023年3月31日)として、以下を策定し、育児・介護などさまざまなライフステージにおける両立支援のための環境整備に努めます。

行動計画

  1. 1.両立支援制度の利用率を増やし、とくに乳幼児の定期健診・予防接種時における「特例出勤・退勤」の男性社員利用者数を30%以上増加させる。

    • ◆「特例出勤・退勤」「看護休暇」「看護・介護積立休暇」をはじめとする「両立支援制
        度」の案内メールを年に一度、全社員に送付。
    • ◆ 子どもが生まれた男性社員とその上長へ「両立支援制度」の詳細メールを送付。1か月健
        診時に「特例出勤・退勤」の利用を推奨。
  2. 2.産休育休からの復職を、より円滑にすべく努める。

    • ◆ 産休育休中の社員のうち希望者に、社内報を定期的に送付し社内情報の共有をはかる。
    • ◆ 産休前と復職前に実施している本人・上長・人事部による三者面談を、希望者に対し
        休暇・休業取得中も随時行なう。

また、上記の「行動計画」と併せて、「女性の活躍状況」に関する情報を以下に公表します。

女性の活躍状況

◆ 全労働者における男女人数比  男性 55.7%   女性 44.3%
  (男性  417名   女性  331名)
◆ 男女別の平均継続勤務年数  男性 18.7年   女性 19.9年
◆ 男女別の育児休業取得率  男性 16.6%   女性 91.6%
◆ 男女別新卒採用人数 2018年  男性    9名   女性    7名
  2017年  男性    9名   女性    7名
  2016年  男性    9名   女性    6名

(※2018年1月1日現在)