集英社がマンガの世界展開でマイクロソフト社と連携、
第1弾としてWindows(R) Marketplace for Mobileでのマンガ配信を決定!


株式会社集英社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:山下秀樹)は、マンガ作品の国内外におけるデジタル展開において、マイクロソフト株式会社(日本法人本社:東京都渋谷区代々木、代表執行役社長:樋口泰行)と幅広く連携することに致しました。第1弾として、Windows(R) Marketplace for Mobileにおけるケータイマンガ配信を始めます。12月中に「DRAGON BALL」の無料配信を開始し、2010年度中に「DRAGON BALL」を始めとした作品の課金配信を開始する予定です。

集英社は、デジタルで再編集したマンガをよりグローバルに展開するべきだと考えています。その際に、グローバルに展開し、世界で多くのユーザーを抱えており、かつ、PC、ゲーム機、スマートフォンMobileと、様々なプラットフォームを持っているマイクロソフト社とパートナーを組むべきだと考えました。マイクロソフト社は、日本発のコンテンツとしてマンガのグローバル展開、というビジョンに共鳴頂き、またその経験から、コンテンツの著作権保護についても理解が深く、パートナーとして最適であると考えています。

[Windows Marketplace for Mobileでのマンガ配信]
マンガのグローバル展開の第1弾として、12月よりWindows Marketplace for Mobile上で、「DRAGON BALL」の無料サンプル配信を開始する予定です。配信する言語は、日本語版の他、英語版も予定しており、Windows phone(Windows Mobile(R)6以降を搭載したスマートフォン端末)を持っている北米のユーザーが初めて日本発のケータイマンガを楽しむことが出来ることになります。さらに来年、2010年度には無料サンプル配信を経て、Windows Marketplace for Mobile上での課金配信開始を予定しています。Windows Marketplace for Mobile上にて配信可能な28カ国のうち、まずは日本、北米、そしてヨーロッパへと展開していくことを検討しており、配信作品も「DRAGON BALL」の他、各国の状況に合わせ、有力作品を提供して行きたいと思っています。


*Microsoft、Windows、Windows Mobileは、米国 Microsoft Corporation の米国及びその他の国における登録商標または商標です。
*Windowsの正式名称は、Microsoft Windows Operating Systemです。





(c)SHUEISHA Inc. All Rights Reserved.