校閲

社会意識や価値観とともに言葉の使われ方も激変するなか、書籍のクオリティを支える校閲担当者を募集します。出版前に用字用語、内容などを確認し、指摘することで、集英社の出版物に対する信頼を高める仕事です。

社員インタビュー

甲木 那緒 校閲室
甲木 那緒
校閲室
具体的な業務について教えてください
文芸・学芸単行本の校正・校閲と進行管理がおもな仕事です。一つの作品につき一人の校閲担当者が割り当てられ、入稿から校了までを編集者と相談しながら進めます。発売日が異なる作品を並行して担当しています。
原稿が正しく組まれているか、誤字・脱字・衍字(えんじ)がないかなどを確認する「校正」と、事実関係や設定に誤りがないか、不適切な表現に取られないかなどを確認する「校閲」の両面から読み進めます。誤りではと思われる箇所がある際には資料にあたったうえで、あくまで疑問点として、ゲラ(校正刷り)を通じて著者にお伺いをします。著者にとっても読者にとっても不利益とならないよう、よりよい形で作品を送り出すお手伝いをしています。
集英社の仕事のやりがいは?
一冊の本に深く関われることです。それだけに、日々プレッシャーも感じますが、自分の担当した本が書店に並んだり、メディアで取り上げられたりするとうれしいです。
時には、著者から労いや感謝の言葉をいただくこともあります。とても励みになり、よりよい仕事をしなければと身が引き締まります。
いろいろな作品と出合い、深く調べていくなかで、自分のなかの世界や考え方が広がっていくことも、この仕事の魅力の一つだと思っています。
一緒に働きたいのはどんな人?
柔軟に物事を捉え、考え抜くことができる方が加わってくださると心強いです。とくに文芸書の校閲は正解がない仕事だと思います。臨機応変に対応しながら、粘り強く取り組むことが大切だと個人的には考えています。
また、読むことだけが仕事ではなく、編集者との話し合いや印刷会社・外部校正者の方々とのやりとりも多いため、人と話すことを苦手としない方が向いているかと思います。
これからの「校閲」を担っていく、熱意のある方と一緒に働けることを楽しみにしています。