メニュー

集英社 経験者採用 正社員

業務内容

デジタルメディアプロデューサー
(女性誌)

集英社が女性ファッション誌で長年培ってきた編集力/コンテンツ力。それをさらにデジタル上で加速させ、
雑誌ビジネスを変革する志をもって、デジタルメディアおよびデジタルサービスの運営業務に
携わっていただける方を募集します。

社員インタビュー

ブランド事業部メディア事業室 室長 横田 孝俊
Q.具体的な業務について教えてください
私の所属するメディア事業室では、SPUR.JP、MAQUIA ONLINEなど女性誌発のデジタルメディア運営をしています。また、HAPPY PLUSというブランドでオリジナルのデジタルメディア展開を行なっています。さらには、それらのデジタルメディアから派生する様々な事業展開を推進しています。
私個人の業務ですが、「事業室としての課題を設定し、その課題に対して解決の道筋をつける」というのが重要な使命だと思ってます。そのためには各デジタルメディアや事業・プロジェクトなどの全体を把握することもそうですし、スタッフや各担当者とのコミュニケーション、体制や予算の設定、事業戦略の策定なども行ないます。また人手が足りないものですから(笑)、自らリーダーとなって推進しているプロジェクトもあります。かなり広範囲にわたっている印象です。
Q.集英社の仕事のやりがいは?
他社で働いたことがないので比較は難しいですが、「役員など意思決定層との距離感が近い」ということは言えるのではないかと思います。現場社員であっても、集英社に入ってやりたいことや解決したい課題があり、熱意があり、実力も伴えば、部長や役員に相談しながら、大きい仕事を任せてもらえる文化・素地が集英社にはあると思います。
Q.一緒に働きたいのはどんな人?
仕事に対して情熱と粘り強さがある人でしょうか。どんなによいアイデアでも形にできなければ価値がないと思ってますので、形にできるまでこだわって頑張れる人、理想のゴールがあって、いろいろな困難や面倒なこともそれに立ち向かって乗り越えられる人ですね。
それと素直さはとても大事です。仕事上、こちらから意見したりすることもあるかもしれませんが、それに対して聞く耳持たない人だと厳しいなと思ってます。素直であり、他者の優れている部分は優れていると認めて価値観を受け入れ自分自身も変わっていける人であれば、その人自身も持続的に成長できるはずですので。