メニュー

集英社 経験者採用 正社員

業務内容

デジタル広告
(運用プロデュース/企画営業推進)

女性誌WEBサイトやマンガアプリなど、デジタルメディアの広告ニーズは急速に高まっています。
編集コンテンツを基盤にして、広告運用の収益最大化や記事の効率的な外部配信などクライアントの
課題解決に応えていく力強い知見を求めています。

社員インタビュー

広告部デジタルプロデュース課 大河 麻衣(経験者採用)
Q.具体的な業務について教えてください
私が所属する広告部デジタルプロデュース課では、おもに集英社のWEBメディアとアプリの収益最大化をミッションとしており、業務内容は多岐にわたります。
例えば、自社データやSNSを活用した新メニューの考案や、各誌のメディアやアプリに最適なプログラマティック広告の提案、そのほかにも媒体資料・レポートの作成、データ分析なども行ない、サイト自体のパフォーマンスや広告枠の改善なども媒体チームと話し合うなど、収益性を上げる基盤を作っているようなイメージです。
その一方で、営業として広告主や広告会社の方と意見を交わし、編集部と連携して提案をつくることもあり、デジタルに限らず非常に幅広い業務で関わる方もとても多いです。
まだまだ取り組まなければいけない領域もたくさんあり、日々新しい業務が生まれている環境です。
Q.集英社の仕事のやりがいは?
なんといっても、集英社が持つ編集力や素晴らしいコンテンツを活用したソリューション提案ができるところです。
私は元々広告会社勤務でしたが、広告手法は多くあるものの決め手となるクリエイティブで苦労していました。大好きなマンガコンテンツを活用した企画ができることはとても楽しいですし、形になると達成感があります。
また、コンテンツやデータという財産を活かしたメニューづくりと運用は責任重大ですが、新しいメニューが誕生し成果が出たときは本当にうれしいです。
失敗をして悔しい思いをすることもありますが、何度でもチャレンジできる環境なので、忙しくも充実した毎日だと感じています。
Q.一緒に働きたいのはどんな人?
バランス感覚よくどんなことにも取り組める方です。
広告部は、広告主の課題解決を目的としつつも、集英社各誌のブランド力や作品の価値を守ることも大切です。デジタルの分野ではチャレンジすることも大事ですが、広告主や編集部、作者の意向をよく理解して、バランスよく提案・進行していくことで全方位的によい結果を生むことにつながると思います。
コロナ禍で広告主の課題も多様化するなか、様々な施策を組み合わせた提案力が求められます。積極的にいろいろなことに楽しんでチャレンジしていただける方をお待ちしています。