デジタル広告

取材誌のWebサイトやマンガアプリなど、集英社のデジタルメディアにおける広告売上は大きく伸長しています。そのなかで、プログラマティック領域での企画立案や運用、データ分析に基づく配信精度の向上など、クライアントから求められる課題解決に応えられる人材を募集いたします。

社員インタビュー

大河 麻衣 広告部 デジタルプロデュース課
大河 麻衣
広告部 デジタルプロデュース課
具体的な業務について教えてください
広告部の基本的な仕事は、集英社の媒体に広告を掲載したり、コンテンツを制作して納品するなどして、広告主の課題解決の対価をいただくことです。 デジタルプロデュース課では、デジタルでの課題解決の手法を広げ、集英社が運営するWebメディアやアプリの収益を上げることを目的に業務に取り組んでいます。自社メディアのスペックを集約した媒体資料の作成、デジタル系の新メニュー開発やネットワーク広告枠の改善、アドベリフィケーション、社内勉強会の実施、自社データの統合など、業務は多岐にわたります。 課のメンバーは、それぞれ中心となる担当業務を持ちつつも、領域を限定せず業務に取り組んでいます。また、集英社はとくに媒体数が多いので、毎日社内外の多くの関係者と連携していくのも特徴的かと思います。
集英社の仕事のやりがいは?
私は、マンガアプリの収益向上やマンガコンテンツを活用した広告案件を中心に担当しています。 元々集英社のマンガコンテンツが大好きでしたので、それらを活用した広告企画を立案できることに大きなやりがいを感じます。また、広告との関わりによって、作品によい影響を与えられるようにしたいということはいつも意識しています。広告主・広告会社・編集部と議論を重ね、読者にも喜んでもらえるような企画を世に送り出すことができたときの喜びはひとしおです。
一緒に働きたいのはどんな人?
今回の募集要項に記載させていただいた内容以外にも、デジタルプロデュース課の担当業務は数多くあるため、自分の仕事の幅を限定せず、何事も一緒に取り組み、アイデアを出していける方はとても心強い存在になるはずです。また、私もいつも心がけるようにしているのですが、社内外の関係者が多いので、他者の立場への想像力をもち、業務に取り組んでいただける方と一緒に仕事をしたいと思います。