小説すばる新人賞

小説の世界に、常に新しい風を送り込む雑誌「小説すばる」が
募集する新人賞です。
受賞作は本誌誌上に発表の上、集英社より単行本になります。
ジャンルは問いません。
意欲的な作品をお寄せください。

【主催】(株)集英社
【受賞作】正賞=記念品 副賞=二百万円
【締切】3月31日(当日消印有効)
【発表】「小説すばる」十一月号
【募集要項】【宛先】はこちら
選考委員
COPYRIGHT (C)SHUEISHA.INC ALL RIGHTS RESERVED
小説すばる新人賞受賞作リスト
第1回 1988年 山本修一
長谷川潤二
『川の声』
『こちらノーム』
第2回 1989年 花村萬月
草薙 渉
ゴッド・ブレイス物語
草小路鷹麿の東方見聞録
第3回 1990年 篠田節子 絹の変容
第4回 1991年 たくきよしみつ
藤水名子
『マリアの父親』
涼州賦
第5回 1992年 吉富 有 『砂時計』
第6回 1993年 佐藤賢一
村山由佳
ジャガーになった男
天使の卵(エンジェルス・エッグ)
第7回 1994年 上野 歩
冨士本由紀
『恋人といっしょになるでしょう』
包帯をまいたイブ
第8回 1995年 早乙女朋子
武谷牧子
『バーバーの肖像』
『英文科AトゥZ』
第9回 1996年 森村 南 陋巷の狗(ろうこうのいぬ)
第10回 1997年 荻原 浩
熊谷達也
オロロ畑でつかまえて
ウエンカムイの爪
第11回 1998年 池永 陽
野中ともそ
走るジイサン
パンの鳴る海、緋の舞う空
第12回 1999年 竹内 真 粗忽拳銃
第13回 2000年 堂場瞬一 8年
第14回 2001年 松樹剛史 ジョッキー
第15回 2002年 関口 尚 プリズムの夏
第16回 2003年 山本幸久 笑う招き猫
(『アカコとヒトミと』改題)
第17回 2004年 三崎亜記 『となり町戦争』
第18回 2005年 飛鳥井千砂 はるがいったら
第19回 2006年 水森サトリ でかい月だな
第20回 2007年 天野純希 桃山ビート・トライブ
第21回 2008年 千早 茜
矢野 隆
魚神(いおがみ)
蛇衆(じゃしゅう)
第22回 2009年 朝井リョウ
河原千恵子
桐島、部活やめるってよ
白い花と鳥たちの祈り
第23回 2010年 畑野智美
安田依央
国道沿いのファミレス
たぶらかし
(『百狐狸斉放』改題)
第24回 2011年 橋本長道 サラの柔らかな香車
第25回 2012年 櫛木理宇
行成 薫

『赤と白』
『名も無き世界のエンドロール』
(『マチルダ』改題)
第26回 2013年 周防 柳 『八月の青い蝶』
(『翅(はね)と虫(むし)ピン』改題)
第27回 2014年 中村理聖 『砂漠の青がとける夜』
第28回 2015年 渡辺 優 『ラメルノエリキサ』
第29回 2016年 青羽 悠 『星に願いを、そして手を。』