手のひらの幻獣

三崎亜記

行き止まりの世界に、想像の獣を解き放つ。

名作短篇「動物園」「図書館」の三崎ワールドが再び!

動物のイメージをあやつる異能力者の日野原柚月は、同じ能力を持つ者たちが所属する会社に勤めて早10年。孤独ながら安定した日々を送っていた。そんなある日、出来たばかりの新研究所を警備する業務を任される。しかしそこには異能力者のパワーを増幅する禁断の存在が隠されていて……。 近くて遠い並行世界を描き出す2つの中篇を収録。